思いもよらぬ交通事故!後遺症が残った場合の不安は?

不意に訪れる交通事故。もしも大切な家族が人身事故の被害者となり、
後遺症が残ってしまったらどうしますか?

車社会である現代においては、どれだけ気を付けていてもいつ何時交通事故に巻き込まれるか
分かりません。

後遺症が残ると「元の身体に戻るのか」「社会復帰できるのか」など不安なことは
人によって違うでしょう。

そこで、家族が人身事故で後遺症が残った場合の不安事項についてアンケートで調査してみました。

【質問】家族が人身事故で後遺症が残った場合の不安事項はなんですか?

019

【回答数】

社会復帰できるか:24

金銭的な面:21

介護面:34

被害者の精神的ストレス:21

その他:0

後遺症が残った場合の介護への不安

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年10月3日~10月17日
■有効回答数:100サンプル

最も多い回答が「介護面」と3割を超える方が回答しており、
その詳細は次の通りです。

・介護の為のお金や時間が用意できるのか不安だし、小さい子供もいるのにちゃんと
フォローできるのか不安。

・介護の経験がなく、料理もできないので両方とも苦労すると思うからです。

・家族なので投げ出してしまうこともできないですし、どういう風に介護をすれば
いいのかもわかりませんから。

・介護しながら仕事がつづけられるのか、自由な時間ができるのかすごく不安です。

・介護をしたことがないので、肉体的ケアも精神的ケアもどうしたらいいかわからないから。

このように、「介護面」と回答している方の中には、過去に介護をした経験がないことが
大きな理由となっており、実際に後遺症が残った場合にどのように介護をすれば良いのかが
分からない不安を抱いていることが分かりました。

また、介護をしながら仕事を続けられるか、
自由な時間を持つことができるのかということにも不安を抱いている方もおり、
介護をすることで生活のバランスが崩れるのではないかという不安を感じているようです。

事故の後遺症に対する不安は人によりさまざま

一方で、「社会復帰できるか」との回答が2割超え、続いて「金銭的な面」、
「被害者の精神的ストレス」と続きました。

・その後の人生において、社会復帰できるか否かは本人のみならず家族にも大きく影響します。
一生家や病院で過ごすことになるのが一番怖いです。

・元の生活を送ることができるのか、また、その後遺症がだんだんひどくなっていかないかが不安です。

・社会復帰ができるかできないかで、被害者の精神面の安定にも影響するので大事な事だと思う。

・介護の問題も発生すると思いますし、金銭面が一番不安になると思います。

・見守る自分自身はもちろんですが、それ以上に被害をうけた本人の精神的、
肉体的なストレスは計り知れないと思うので、それが一番不安です。

このように、元の生活をすることができるのか、一生家や病院でクラスことになるのでは
ないかという不安から「社会復帰できるか」ということを不安に感じている方は少なくないようです。

また、「金銭的な面」を挙げる方は介護でお金がかかることを心配しています。

さらに、被害を受けた側の精神的なストレスを不安に感じている方もおり、
家族が人身事故に遭った場合の不安を感じる事項は人によって様々見られることが分かりました。

後遺症が残った場合の治療費や慰謝料は

今回のアンケート調査では、人身事故においての不安事項として「介護面」を挙げた方が
多くなった一方で、「社会復帰できるのか」「金銭面」「精神的ストレス」などの不安を
抱えている方も少なくないようです。

人身事故では、後遺症が残らない場合もあるかもしれませんが、交通事故の後遺症が残った場合の
医療費は高額になる恐れがありますし、介護が必要になることもあります。

いずれの場合も気になるのが医療費で、加害者側に対して慰謝料を含めて請求を行なう
必要があります。請求手続を行なうには知識と時間が必要になりますので、
被害者本人はもちろん、その家族が行なうよりは法律の専門家である弁護士などに
依頼をすることが良いのかもしれませんね。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ