人身事故には不安材料がいっぱい!

一口に「人身事故」と言っても、小さい事故から大きな事故まで様々ですが、
加害者がいて被害者がいることに変わりはなく、加害者の精神的苦痛は大変大きいことと思われます。

被害者への責任、刑事的責任、金銭面の問題、今後の人生についてなど、不安材料はたくさんありますが、
皆さんが一番不安に思われることとはいったい何なのでしょうか。

【質問】自身が人身事故の加害者なってしまった場合の不安事項はなんですか?

018

【回答数】

被害者の状態:60

金銭的な面:21

事故後の対応:12

仕事:1

刑事処分や免許:6

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年10月3日~10月17日
■有効回答数:100サンプル

人身事故は被害者の人生を狂わせる・・・!

事故を起こしてしまった時、被害者の状態が不安だと思われる方が圧倒的に多いようです。

・「被害者の怪我の状態が一番不安です。亡くなったり、後遺症が残るような怪我なら
今後の人生が変わってしまいます。」

・「軽傷でも一大事なのに、万が一重症や死亡になったら…と思うととてもこわい。
他人の人生を左右してしまう責任の重さに耐えられない。」

・「被害者の方が元気に回復されれば、少しは気持ちが軽くなるかもしれないですが、
ひどい状態だと、その方の一生にかかってくるので、考えるととても不安になると思います」

他人に小さなケガを負わせてしまうだけでも、大変な責任を感じてしまうと思いますが、
後遺症や、万が一にも亡くなられた場合はどうしたら良いものかわからなくなってしまいますよね。
自分の起こした事故によって、被害者の人生を狂わせてしまうかもしれないと思うと、
とても恐ろしくなってしまいます。

事故を起こさないことが何より大事なことだと考えさせられます。

被害者だけじゃない!加害者側の人生も狂わせる・・・!

・「被害者の状態も気になるが、金銭面でどのくらい必要になるかの不安が大きいから。」

・「人身事故は経験がないが、万が一相手を死亡させてしまった場合の損害賠償や慰謝料は
莫大な額になり、一生払い続けなければならないかもしれないから。」

・「被害者の方にどのように償えば良いか想像が出来ないので、一番不安に思います。」

・「いくら必要なのか今後返済のためだけに働かなければならないのかなどの不安が一番大きいです。」

・「被害者の心配もしますがその後の自分の心配もしてしまいます。なので、保険には加入しています。」

人身事故の大小にかかわらず、事故を起こしてしまった以上、慰謝料など多額のお金が
必要になることが想像されますが、具体的にいくら必要なのかが分からないため不安に
思われるのでしょう。一生働いて払い続けなければならないとなると、加害者の未来が
狂ってしまうかもしれません。人身事故は、加害者側と被害者側の人生を両方とも、
大きく狂わせてしまうのではないでしょうか。

交通事故を起こしてしまったら誠意ある対応を!

人身事故は決して起こしてはならない事ですが、万が一にも起こしてしまった時は、
被害者や被害者の家族に対して誠意をもって対応しなければなりません。

精神的苦痛も大きく、被害者の事故後の状態への不安は拭い取れないかもしれませんが、
できる限りのことはするべきでしょう。金銭面の不安は、万一に備えて任意保険
加入しておくなどしておくことで、少しは解消されるのではないでしょうか

車社会の日本では、全国的に交通事故が多発しているのが現状ですが、
一人一人が注意することで、少しずつでも事故件数を減らしていきたいものです。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ