弁護士を選ぶときにチェックすべきポイント

交通事故などが起きた時には、保険屋だけではなく弁護士に頼って
医療費や慰謝料を請求することも多いでしょう。

日頃あまり利用することのない弁護士を選ぶときには、どんな弁護士を選べばよいか
悩むことも多いものです。不利な状況を打開したい場合や、言い分を通したい場合には
特に信頼できる弁護士への相談が欠かせません。そこで、どんな弁護士だと不安を感じるか
についてアンケートを取ってみました。

【質問】不安に感じる弁護士もしくは弁護士事務所は?

017

【回答数】

聞いたことが無い:4

実績が少ない:25

WEBサイトの見栄えが悪い:1

インターネットで悪い口コミがある:43

見た目が悪い(服装、雰囲気など):27

悪い口コミばかりがある事務所はNG!

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年10月3日~10月17日
■有効回答数:100サンプル

多少の悪い口コミならばどこの弁護士事務所でもあるものですが、
多くの口コミが悪いものである場合には、依頼するのを考えたほうが良いかもしれません。

・悪い口コミがあるということは、過去に何かしらトラブルがあった可能性があるから。

・本当に自分の事を助けてくれるのか信じられないし、土壇場で裏切られそうだから。

・書かれるほど評判が悪いということ。

基本的に匿名性の高いインターネット上の口コミはあてになりませんが、
極端に悪い口コミばかりがある場合には、依頼は控えたほうが良いかもしれません。
どうしてもその事務所に依頼するしかない場合には、自身の目で確かめたり、
相談をしてから頼れるかどうかを確認することが大切になります。

服装や雰囲気が悪い事務所もNG!

弁護士という国家資格を持った専門家であるのにもかかわらずに服装が整っていなかったり、
事務所の雰囲気が悪い時には仕事の質もその程度と考えるのが一般的です。

・事務所に清潔感が無かったり、服装がだらしなかったりすると不信感を抱く。

・信頼出来ないと依頼についてのプライベートな事などが話しづらくなる。

・目で見た情報から認識するので、見た目が悪い事務所や弁護士だと不安。

どんな仕事でも同じですが、服装ができていないところに仕事を任せるのは不安や不信感の元です。
多くの人が感じるように、裁判などでも協力してもらう弁護士で、プライベートな話を
しなければいけない相手が信頼出来ないとかなりの不安を抱くことになってしまうでしょう。

清潔感のある評価の良い弁護士事務所を選ぼう!

弁護士や弁護士事務所を選ぶ時には、まずインターネット上で口コミの評価を
確かめるとよいでしょう。あまり口コミは多くないですが、依頼した人の生の声が
残されているので依頼するときの参考にできるはずです。

さらに、相談するときや面談する時には事務所の雰囲気や弁護士自身の清潔感を
よく確かめるとよいでしょう。性格の上で多少癖がある人物もいますが、
服装の清潔感は共通なので、しっかりと見極めましょう。

交通事故などの示談交渉においても良い弁護士に頼むことが成功のポイントになりそうです。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ