事故解決の重要なキーポイント、弁護士選び

交通事故に遭ってしまった時、保険会社だけで解決できることも多いでしょう。

しかし、賠償金の額に納得がいかなかったり、感情的なもつれで話し合いが
スムーズに進まないなど事情があれば、弁護士に間に入ってもらうことが必要になることもあります。

弁護士と一言で言っても、得意分野や専門知識など、様々な人がいます。

一体みなさんは何を基準に選んでいるのでしょうか?

【質問】弁護士を選ぶとしたらどのような基準で選びますか?

009

【回答】
費用についての説明が明確である:34名 
相互理解がある:32名 
過去の実績が多い:25名
連絡が密にできる:6名 
その他:3名

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年7月20~7月28日
■有効回答数:100サンプル

弁護士っていくらかかるの?!と不安の声。

2位と僅差ではありますが、費用のことを気にする声が一番多い結果となりました。

・いくら誠実で信頼できそうな弁護士でも、費用が不明瞭では、怖くて頼めません。

・やはり「弁護士費用は高い」というイメージがありますので、明確に提示されていたら安心できます。

・ちょっと話を聞いただけでも○万円とか、驚愕の請求が来るのは、勘弁して欲しいです……

・弁護士に依頼した経験もないし、そういう機会がほとんどないので、費用の相場などの情報が何もわからないから。

要するに、頼んだ経験がないからわからない、という相場がわからないものへの不安感、
一般的にものすごく高いというイメージがついていることが、
依頼者側に二の足を踏ませる原因になっているというようです。

費用が不明瞭だと、人間性すら信用できないということに、直結してしまうようですね。

費用以外の重要ポイントは信頼感、そして実績

自分の話を聞いてくれる、実績がある人を望むというのが
1位に次いで多かった回答です。

・深刻な問題が多いので、それを正直に話せ、受け止めてくれて対策を考えていくという姿勢が大切と思われます。

・依頼者と同じ考え、同じ価値観に立てなければ同じ法廷で争うことはできません。費用は二の次です。

・法律に関することは、前例をもとにして議論されることが多いので、経験値を基準として選びます。

・弁護士も得意分野とそうでないのがあるため。やはり相談内容と近い実績を持っている弁護士の方が、問題解決がスムーズに進みそうなので。

問題解決のためには、かなり深い個人情報や、自分の気持ちも明かさなければならないので、
信頼関係が持てる相手が重要であるから、費用は二の次という人もいました。

また、弁護士であれば誰でもよいわけではなく、
専門分野としての実績が安心につながるという回答も数多くありました。

無料相談などを利用して納得のいく弁護士を

アンケート結果としては、費用を一番気にする声が上がりましたが、
今の時代はトラブルに巻き込まれた場合でも、保険の弁護士費用特約などで
費用をカバーすることもできます。

安かったけれど納得いく解決にはならなかったというのでは何の意味もありませんよね。

もし自分で弁護士を選定する場合は、無料相談から受付けている弁護士さんも
たくさんいるようですので、一度相談に行ってみていくつか質問を投げかけてみるとよいでしょう。

イメージだけで選ぶのは失敗しそう…そんな事情がうかがえる結果となりました。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ