突然の交通事故、慌てず対処できますか?

まさか自分が……と動揺し、頭が真っ白!
不幸にも突然の交通事故にあってしまった人は、このような心境になることでしょう。

しかし、事故の相手と交渉がスムーズにいくかどうかも、直後の対応で決まる部分があるため、
こういう時だからこそ冷静に、きちんと対応する心の準備を持ちたいもの。

では、皆さんは正しい対応をどのくらい理解されているのでしょうか。

【質問】人身事故を起こした場合の適切な対応方法が分かりますか?

006

【回答】
はい :49名 
いいえ:51名 

■調査地域 :全国
■調査対象 :年齢不問・男女
■調査期間 :2014年7月20~7月28日
■有効回答数:100サンプル

正しい対応を理解している人は半数。
   多い?少ない?

見事に回答が真っ二つに割れました。
半数の人は正しい対応を理解していると回答しています。

・まず、被害者(けが人)の救護、次に、警察に通報、次に保険会社に連絡。

・まず安全な場所に車を停止、救急車・警察の順に連絡すると思います。

・可能ならば被害者を安全な場所に移動させ、警察と救急車を呼ぶ。

「はい」と答えた人は教習所での教えをきちんと覚えているというような
明確な回答が多く、連絡の順序までしっかりと書いています。

やはり事故の映像などを見せられると真剣さが増すのでしょうね。

車を安全な場所に停めてから怪我の確認や連絡をする、というのも
二次的な事故を防ぐために大切ですね。

いいえと答えた人もおおよその対応はわかっている?

回答が「いいえ」だった人も、
まるきり何もわからないというわけではないようです。

・事故を実際に起こすと、気が動転して冷静になれないので、適切には対応できない。

・まずは警察か救急車に電話して、その後すぐに保険会社に電話をいれる。

・経験がないので焦ると思う。

「いいえ」の人でも、人命救助が最優先ということは、多くの方が理解していました。
しかし、いざ事故という場面になった時におろおろしてしまって冷静な対応ができないという
不安の声も多く聞かれました。

これは、「はい」の人でも同じように起こりうることが言えそうです。

とにかく冷静に、最初の対応が大切

今回の結果からは、なんとなく分かるものの、実際にそういう場面に出くわすと自信がない、
と思っていることが分かる結果となりました。

特に、自分側に原因がある事故だと、
最初の対応次第では相手から「誠意のない人」という不信感を持たれてしまったり、
解決がスムーズにいかないこともあるそうです。

対応として、保険会社に依頼したり弁護士に相談したりとプロに任せれば
よいというのはもちろんですが、最初の対応くらいはきちんと理解しておいた方がよさそうですね。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ