他人事ではない?あなたも交通事故に巻き込まれるかも!?

交通事故というと、“どうしても自分のこととしてイメージしづらい”という
人もいるのではないでしょうか。
特に免許を取ったばかりだと、自分だけは大丈夫と思ってしまいがちです。
でも、自分が気をつけていても、相手の不注意により「もらってしまう」事故もあります。

では、事故の巻き添えになった経験のある人はどのくらいいるのでしょう。

【質問】交通事故に巻き込まれたことがありますか?

005

【回答】
はい:65名 
いいえ:35名 

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年7月20~7月28日
■有効回答数:100サンプル

もらい事故はすぐ身近にあるという結果に!

65%の人が事故に巻き込まれた経験があるという結果になりました。

・家の近くに親が停めておいた自家用車に、他の車が突っ込んできたことがあります。

・歩道を通常の状態で歩いていて、背後から自転車にぶつかってこられて、足をひかれました。

・自転車に乗っていて、車に横から当てられたことが何度かあります。

・大雨時、前を走る車が前方不注意で急停車し、
 私も止まりきれずぶつかった。

・四つ角の点滅信号で一旦停止をしたが、
右側から来る車が猛スピードで来てそのまま衝突。

相手の完全な過失の他、車間距離が足りなかったなど、一部自分の過失があるケースも見受けられます。
自転車がらみの事故も目立っている結果が出ました。
停車しておいた車に突っ込んでこられた、というのはもはやどうしようもないとも言えますが、
交通事故が他人事ではない事実が浮き彫りとなりました。

事故にあったことがないという人の方が少数派

35%の人は今のところ事故にはあっていないという結果になりました。

・今までにはありませんが、
 娘の友人が交通事故でなくなられたことがあります。

・自分には経験がありませんが、出会いがしらの衝突は目にしました。

・子供のころ、乗っていたタクシーが前の車に追突したことがあります。

自分は事故を起こしたり、もらったりしたことはない人でも、
たまたま走っていたところで事故を目撃したり、
知人が事故にあっていたりというコメントが非常に多いのが目につきました。
事故は、あなたの生活のすぐ傍にあると思っておいた方が、良いのかもしれません。

交通事故はいつ自分に起きてもおかしくない!

「事故は他人事ではない」とはよく言われますが、実際にそれほどでもないでしょ・・・と
思ってしまいがちな昨今、なんとアンケートの結果を見ると多くの方が、
事故に巻き込まれた・身近にそういう方がいる、と回答する驚きの結果となりました。

普段、他人事として見てしまいがちな交通事故ですが、
起こさなくても巻き込まれる可能性がある、と普段から意識して
気を付ける必要がありそうですね。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ