交通事故の高次脳機能障害について

裁判例①京都地判平成17年12月15日

裁判例①京都地判平成17年12月15日 (自保ジャーナル第1632号) 年齢: 43歳(事故時) 性別 :男子 職業: 嘱託勤務 傷害内容: 左頭頂骨骨折、脳挫傷、急性硬膜下血腫、外傷性クモ膜下出血、 急性硬膜外血腫、 ・・・

拡散強調画像

細胞内における水素分子のブラウン運動を三次元的に捉え、 これが減衰している部位を病変として表現する方法である。 急性期の梗塞病変を検出するのに優れた方法として普及している。 多発性脳梗塞の場合、従来のT2強調画像のみでは・・・

乳幼児、高齢者の注意点

乳幼児や高齢者に関しては、前記平成19年報告書では、 以下のように報告される。 「 一般に成人被害者は、急性期の症状の回復が急速に進み、それ以降は 目立った回復が見られなくなるという時間的経過を辿ることが多い。 したがっ・・・

脳の構造と機能

脳を大別すると、大脳、小脳、脳幹に分けられる。 大脳は、前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉に区分される。 以下、それぞれの部位毎に、どのような機能を果たしているかを説明する。

総括

以上の裁判例から、減額の割合については個別の事案によるしかないが、 受傷前の生活状況(健康に生活することができていたか)、受傷後に障害を 発生させる原因の存在(高齢者である等)、受傷の程度(一般的に現に生じた 障害を発生・・・

裁判例⑦

京都地判平成15年6月27日 (自保ジャーナル第1539号) 年齢: 24歳(事故時) 性別: 男子 職業 :会社員 事故日: 平成11年1月5日 傷害内容: 脳挫傷、肺挫傷、横隔膜損傷、両大腿骨骨折、骨盤骨折等 後遺障・・・

裁判例⑥

大阪地判平成19年12月10日 (自保ジャーナル第1737号) 年齢: 19歳(事故時) 性別: 女子 職業: 大学生 事故日: 平成14年5月23日 傷害内容 :脳挫傷、外傷性くも膜下出血等 後遺障害等級: 高次脳機能・・・

裁判例⑤

神戸地判平成13年8月8日 (交通民集34巻4号1019頁) 年齢: 81歳(事故時) 性別: 男子 職業: 無職と思われる 事故日: 平成7年9月29日 傷害内容: 外傷性硬膜性血腫、骨折(部位不明) 後遺障害等級: ・・・

裁判例④

さいたま地判平成18年8月4日 (自保ジャーナル第1682号) 年齢 :59歳(事故時) 性別: 女子 職業 :家事従事者 事故日: 平成13年10月15日 傷害内容 びまん性軸索脳損傷、左大腿骨頸部内側骨折、右恥骨骨折・・・

裁判例③

大阪地判平成15年2月6日 (交通民集36巻1号219頁) 年齢: 64歳(事故時) 性別: 女子 職業: 事務員 事故日: 平成8年7月19日 傷害内容: 左急性硬膜下血腫、左前頭葉脳挫傷、外傷性くも膜下出血、 左後頭・・・

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ