肯定例

東京地判平成2年8月23日(自保ジャーナル第888号)
年齢 68歳(症状固定時)
性別 男子
後遺障害 四肢麻痺、膀胱障害等
自賠責等級 3級
認定された介護費用 日額4500円
介護内容
口はきけ、多少手が動かせるものの、寝たきりの状態で、自力でベッド上の
体位変換は出来ず、箸、スプーンを持つことが出来ず、神経性膀胱障害に
より大小便のでる感覚が鈍く、その告げる時期を失して漏らしてしまう
こともあり、おむつの使用も必要であり、一生涯全面的な介護を要する。

東京地判平成9年3月26日(交通民集30巻2号478頁)
年齢 20歳(症状固定時)
性別 男子
後遺障害 第2腰椎レベル以下の不全麻痺
自賠責等級 3級3号
認定された介護費用 日額2000円
介護内容
日常生活を車いすで行わなければならない。
特に支障があることは、
①食事を自分で作ることができない、

②ふろに入る際に手助けが要る、

③外出した際に車いすで通れない道・上がれない階段・入れない建物等が
あるため手助けが要る、

④洗濯が自分でできないというものである。

介護費用に関する判断
全面的な付添いの必要性までは認められないが、部分的な付添いの必要性は
認められるところ、右部分的な付添費の額は1日あたり2000円を
相当とする。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ