東京地八王子支判平成12年11月28日(自保ジャーナル1388号)

東京地八王子支判平成12年11月28日(自保ジャーナル1388号)
年齢 21歳(症状固定時)
性別 男子
後遺障害 四肢麻痺、直腸・膀胱障害等。
自賠責等級 1級3号
認定された介護費用 職業介護人日額1万8300円
介護内容
飲食、排尿(カテーテル、しびんの準備、ズボンの上げ下げ、尿の処分等。
昼夜関係なく3時間に1回)、排便(そのための体位変換、着衣の脱着。
週2回)、体位変換、痙性麻痺時の体勢直し、体温調節のための介護、
(衣服の調整、環境温度の調整)等。

介護費用に関する判断
1日当たり24時間の付添介護が必要である。
職業付添介護人の費用は午前9時~午後5時までの8時間を定時間としており、
介護人1人当たり8、140円である。そして右時間以外の介護については、
時間外の手当が加算されるので、8時間では1万0、160円となる
(1時間当たり1、270円である)。そこで、右8、140円と1万0
、160円の合計である1万8、300円が1日当たりの介護費用となる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ