交通事故では、どのような問題が発生するか

一口に交通事故といっても、車と車の衝突や、車の歩行者の衝突など、
一つ一つの事故について様々な事故状況が発生します。

また、車が損傷したりする物損と、怪我をおってしまう人損など、損害も様々です。

また、交通事故が起きたときに適用される法律もいくつもあります。
交通事故では、加害者と被害者がいますが、加害者は、次の3つの責任をおわなければ
なりません。

① 行政責任
② 刑事責任
③ 民事責任

行政責任というのは、道路交通法に定められた交通違反の反則金を賦課されたり、
免許取消などの行政処分を受けたりする責任のことです。

刑事責任というのは、刑法における業務上過失致死傷罪や道路交通法の罰則を
受けたりする責任のことです。

民事責任とは、民法などに基づく損害賠償責任のことです。

本書は、交通事故の被害者が加害者に対し、損害賠償を請求することを目的として
執筆しているので、3つの責任のうち、民事責任について説明してゆくことになります。

ところで、民事責任には、民法上の不法行為に基づく損害賠償責任と、
自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づく損害賠償責任があります。

民法に基づく損害賠償責任というのは、脇見運転などの過失によって事故を
起こした場合には、損害賠償責任を負うという、私たち一般になじみのある
責任のことです。

これに対し、自賠法に基づく損害賠償責任というのは、ちょっと特殊な法律です。

この自賠法は、交通事故で死傷した被害者に最低限の保障をするための特別の法律です。
自賠法により、自動車を使用する人は、自賠責保険への加入を義務づけられているのです。
この意味で、自賠責保険のことを強制保険とも言います。

民法上の損害賠償責任と、自賠法の損害賠償責任で大きく異なる点は、立証責任です。
民法上の損害賠償責任では、過失、損害、事故と損害との因果関係などの全てを
被害者側が立証しなければなりません。

しかし、自賠法は、交通事故で死傷した被害者を守るための法律なので、
過失や因果関係などの立証責任を加害者に負担させています。

そのため、弁護士が訴訟を起こしたりするときは、立証責任の軽い自賠法に
基づいて請求することが多いのです。

ただし、自賠法は、交通事故で死傷した被害者救済のための法律ですので、
人身事故のみに適用され、物損には適用されません。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ