介護場所

介護を受ける場所としては、被害者の自宅あるいは近親者の居宅での
「在宅介護」、病院や社会福祉施設などの「施設介護」に大別することができる。
 
どこで介護を受けるかは、被害者の意思、障害の内容、程度、あるいは家族の
事情などによって左右されることとなる。一般的に、在宅介護と施設介護の
メリット、デメリットは以下のように考えられている。

在宅介護メリット
・障害者本人の精神的安定が図られる。
・個々の障害に応じた対処が可能

在宅介護デメリット
・近親者の介護の負担が大きい
・介護費用の増大(自宅改造が必要な場合も)

施設介護メリット
・専門の施設であれば適切な対処も可能
・比較的低額
・近親者の負担の軽減

施設介護デメリット
・入所できる期限が定められている場合がある
・他の入所者とのトラブル
・個々の障害に応じた対処ができない施設もある
介護費用としては、上記のように在宅介護の場合の方が自宅改造費用等に
より高額になるケースが多いと思われる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ