交通事故のおおまかな流れ

交通事故に遭ったとき、被害者は不安でいっぱいです。
交通事故は一生に何度も遭うものではないため、今後どのように手続が進んでゆくのかが
わからないからです。

そこで、まずは交通事故に遭ってから、最後に解決するまでの手続のおおまかな
流れをみてみましょう。交通事故に遭ったときの手続は、左の図のように進んでいきます。

まず、交通事故が発生した場合には、警察に連絡し、交通整理と事故状況の捜査が
始まります。加害者には、被害者に対する救護義務があります。

また、加害者には、保険会社に連絡をしてもらいます。
また、被害者のほうでも保険会社に連絡を入れておきます。

その場の処理が終わったら、被害者は、病院に行き、診断をしてもらい、
傷害を負っている場合には、治療が開始されることになります。
重傷の場合には、救急車を呼ばなければならず、即入院となるでしょう。

その後、警察の手続と治療が並行して行われることになります。
警察の手続においては、事故状況の捜査が重要です。
警察が、交通事故をどのようなものとして判断するかによって、
後の損害賠償において、「過失相殺」として、
きわめて重要なポイントなってきます。

したがって、事故状況の説明は、決していい加減にすることなく、
記憶に基づいて断固として主張してゆくことにしましょう。

刑事事件のほうでは、この後、内容によって、不起訴・起訴・略式裁判に
わかれていきます。これによって加害者の刑事処分が決まることになります。

怪我の治療中にも保険会社の担当者と交渉します。
しかし、それは慰謝料などとは関係がないと思ってください。
治療中に保険会社と交渉するのは、治療費や交通費、休業補償などを支払って
もらうことです。ここで慰謝料などの交渉しても無意味ですので、
やめておきましょう。

治療が完了したら、後遺障害の等級認定の手続にうつります。
その結果が出たら、異議申し立てをするかどうかを判断し、
等級がしっかり決まってからはじめて損害賠償金の示談交渉に移ることになります。

示談交渉がまとまればよいですが、まとまらなければ法的手続に入ります。
紛争処理センターに持ち込むか、調停、訴訟に持ち込むことになります。
このような中で損害賠償金が解決されて、ようやく交通事故の処理が
終了したことになります。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ