「それは慰謝料に含まれています」

交通事故の法律相談を行っているとき、弁護士が「この費用はどのようになっていますか」
と尋ねたところ、「保険会社の方に『それは慰謝料に含まれています』と言われました」
と回答されることがしばしばあります。

慰謝料に含まれると言われている費用を検討してみると、通院交通費であったり、
診断書の費用(文書費)であったりと、到底慰謝料に含まれるとは思えない損害項目が
見受けられます。

慰謝料は、どんな損害でも含んでしまうブラックボックスではありません。

きちんと該当する損害項目があるのでしたら、その損害項目に計上すべきなのです。

そして、それとは別に慰謝料を算定すべきなのです。

明らかに慰謝料とは異なる損害項目を、慰謝料に含まれると言い張る保険会社の
担当者の意図は、単に事務作業を減らしたいか、示談金額を不当に抑えたいかの
どちらかでしょう。

このような対応をされたときには、「これは慰謝料ではなく○○の損害項目に
含まれるものです」と毅然と反論しましょう。

このような担当者も弁護士が対応すると「それは慰謝料に含まれています」などと
言わなくなるのは不思議なことです。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ