拡散強調画像

細胞内における水素分子のブラウン運動を三次元的に捉え、
これが減衰している部位を病変として表現する方法である。

急性期の梗塞病変を検出するのに優れた方法として普及している。
多発性脳梗塞の場合、従来のT2強調画像のみでは新たに出現した
梗塞病変を正確に同定することは難しかったが、この方法により、
急性期の病変を容易に鑑別することが可能になった。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ