認定される将来の介護費用の基本額

財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部編『民事交通事故訴訟 
損害賠償額算定基準2008年版 上巻』によれば、「職業付添人は実費全額、
近親者付添人は1日につき8000円。

但し、具体的看護の状況により増減することがある。」とされ、
裁判例においても、後遺障害等級別表第1第1級あるいは第2級に相当する
事案においては、近親者介護費を1日につき8000円とする裁判例が多い。

一方、職業介護人については、1日あたり1万5000円程度までは認める
裁判例が増えてきている。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ