被害者の状況・意向

障害者であってもその本人の自己決定権を尊重すべきであるし、また、
本人の気持ちを尊重することがその病状の改善につながることも考えられるため、
障害者自身に自宅へ戻りたいという意向があるのかどうかは重要な判断要素となる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ