介護保険給付の内容

上記介護保険制度の創設によって認められている保険給付は、
要介護者に対してなされる介護給付、要支援者に対してなされる予防給付、
介護給付及び予防給付以外に要介護者または要支援者に対してなされる
市町村特別給付の3つに分けられる。

さらに、介護給付には、
①居宅介護サービス費(法41条)、
②特例居宅介護サービス費(法第42条)、
③地域密着型介護サービス費(法第42条の2)、
④特例地域密着型介護サービス費(法第42条の3)、
⑤居宅介護福祉用具購入費(法第44条)、
⑥居宅介護住宅改修費(法第45条)、
⑦居宅介護サービス計画費(法第46条)、
⑧特例居宅介護サービス計画費(法第47条)、
⑨施設介護サービス費(法第48条)、
⑩特例施設介護サービス費(法第49条)、
⑪高額介護サービス費(法第51条)、
⑫特定入所者介護サービス費(法第51条の2)、
⑬特例特定入所者介護サービス費(法第51条の3)
がある。

また、予防給付には、
①介護予防サービス費(法第53条)、
②特例介護予防サービス費(法第54条)、
③地域密着型介護予防サービス費(法第54条の2)、
④特例地域密着型介護予防サービス費(法第54条の3)、
⑤介護予防福祉用具購入費(法第56条)、
⑥介護予防住宅改修費(法第57条)、
⑦介護予防サービス計画費(法第58条)、
⑧特例介護予防サービス計画費(法第59条)、
⑨高額介護予防サービス費(法第61条)、
⑩高額医療合算介護予防サービス費(法第61条の2)、
⑪特定入所者介護予防サービス費(法第61条の3)、
⑫特例特定入所者介護予防サービス費(法第61条の4)
があり、給付の内容は介護給付に準じている。

上記給付のうち、例えば居宅介護サービス費は職業介護人による介護費用、
居宅介護住宅改修費は家屋改造費というように相当部分が交通事故によって
高次脳機能障害を負った場合の損害賠償の損害項目と重なっている。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ