介護保険制度の意義について

従来の高齢者介護サービスには、老人福祉制度と老人保健制度という
二つの制度が存在したものの老人福祉制度においては行政がサービスの
種類や提供機関を決定するため利用者が自由に選択できない、老人保健に
おいては介護を理由とする一般病院での長期入院による医療費の増大が
生じるといった問題点があった。

そこで、上記問題点を解消するとともに、社会全体で増大する介護費を
国民全体で公平に賄うべく上記両制度を再編成した新たな介護保険制度が
創設され、平成12年4月1日より施行されるに至った。

この介護保険制度の目的は、同法1条にも「この法律は、加齢によって
生ずる心身の変化に起因する疾病等により介護状態となり、入浴、排せつ、
食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を
要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ
自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保険医療サービス
及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき
介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、
もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする」と
定められている。

介護保険制度の大きな特徴としては、まず社会保険方式を採用したことが
挙げられる。

また、介護保険制度の採用によって、

①利用者本位の制度として、自らの選択に基づいたサービス利用が可能となる。

②高齢者介護に関する福祉サービスと医療サービスの総合的・一体的な
提供が可能

③公的機関のほか、多様な民間業者の参入促進が図られ、効率的で良質な
サービス提供が期待できる。

④社会的入院の是正などにより医療費の無駄が解消されるといった
メリットがある
(①から④厚生労働省ホームページより)。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ