裁判例○30大阪地判平成6年4月28日(交通民集27巻2号534頁)

裁判例○30大阪地判平成6年4月28日(交通民集27巻2号534頁)
年齢: 43歳(事故時)
性別: 男子
職業: 事故時:タクシー運転手。事故後一般事務等で再就職。
傷害内容: 脳挫傷等
自賠責等級: 不明
比較基準喪失率: なし
本判例等級: 高次脳機能障害9級10号
本判例認定喪失率: 35%
概要: 43歳男性について、神経症状が脳損傷等の中枢神経に起因するとして
9級10号と認定し、労働能力喪失率も9級相当の35%を認定した。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ