分析

本裁判例は、7級及び12級に該当しない理由を詳細に挙げている点が
特徴的である。

特に、
①記銘力等の脳機能が正常範囲にあったとしても、画像所見上軽度の脳萎縮が
窺われる場合には12級に該当しないと判断されている点、

②1人暮らしをしていた事実や本人尋問で適切に応答できていた事実が、
7級に該当しない理由として挙げられている点

が参考となる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ