分析

本裁判例においては、原告の主張に対して、人格変化が明確でないこと、
脳実質を損傷したことを認めるに足りる証拠がないことを理由にこれを
排斥している点が特徴的である。この判断は、前記医証を詳細に検討した上で
導かれている点が重要である。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ