分析

本裁判例は、復職しているにもかかわらず、認定等級相当の喪失率よりも
低い喪失率が認定されなかった点が特徴的である。このように等級相当の
喪失率が認定されたのは、原告の勤務先の社長が原告の稼働状況を具体的に
説明した点が大きく影響したものと思われる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ