分析

本裁判例は、リハビリセンター病院からの調査嘱託に対する回答書と
アルバイト先の調査嘱託に対する回答等をもとに、原告の労働能力喪失率を
実質的に判断したうえで、被告の労働能力喪失率は35%に過ぎないという
主張を退け、79%の喪失率を認めた点に特徴がある。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ