自賠責認定1級の事案

今回調査した範囲では、自賠責等級認定1級の事案で、100%未満の喪失率が
認められた事案はみられなかった。

なお、さいたま地裁平成18年8月4日(自保ジャーナル第1682号)は、
自賠責認定1級3号の高次脳機能障害を残した事案において、労働能力喪失率
65%としたが、これは本件事故前に後遺障害等級9級10号に相当する
脳梗塞の障害があったために喪失率が減らされたものであるため、
実質的な喪失率は100%と認定しているものと考えられる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ