総論

自賠責で認定された等級に相当する労働能力喪失率が認定されているケースが
ほとんどであり、裁判所は自賠責の等級認定と同等の喪失率を認める傾向が
あると思われる。

もっとも、裁判例の中には、以下のように自賠責等級認定よりも高い喪失率や
低い喪失率を認定するケースもみられた。

自賠責等級認定と異なる喪失率を認定した理由は、個々の事案によるので、
以下各裁判例を検討する。
なお、比較に際しては、原則として併合後の等級に対応した喪失率を基準と
したが、一般的に労働能力喪失率には影響しないとされている障害の場合
(味覚障害、嗅覚障害、外貌醜状)は併合前の等級に対応した
喪失率を基準とした。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ