はじめに

労働能力喪失率は、通常、自賠責において認定された後遺障害等級をもとに、
労働能力喪失率表を参考として決定されることが多い。

ところが、高次脳機能障害の場合は、外部から障害の有無・程度が
認識し難いため、たとえ自賠責において後遺障害等級認定を受けていても、
等級評価の妥当性及び労働能力喪失率について、訴訟で争われることが
多い点に特徴がある。

そこで、本章では、裁判例の検討を通じて、裁判所がどのような事情を
考慮して労働能力喪失率を認定しているのかについて検討することとする。

高次脳機能障害の等級認定の考え方と労働能力喪失率は次に示すとおりである。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ