はじめに

高次脳機能障害においては、その症状によっては特別な出費を
余儀なくされる場合があり、その出費が当該交通事故と因果関係を
有するものと認められるのであれば、その出費は損害賠償請求の対象となる。

以下、高次脳機能障害が残った事案において、認められたいくつかの
例について検討する。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ