両者の関係(自賠責の考え方と労災の基準との整合性)

このように自賠責および労災においてそれぞれ高次脳機能障害に対応した
基準が作成されているが、現実に被害者の後遺障害等級を認定する際に
これらの基準をどのように用いるべきか、両者の整合性が問題となる。

この点については、あくまで自賠責と労災が同一の目的を有するものでは
ないことから、「従前の考え方を用いて後遺障害等級を認定した後、
労災保険で使用している「高次脳機能障害整理表」に当てはめて検証し、
最終結論とすることが労災保険に準拠する自賠責保険としての妥当な
認定方法と考える。」「実際の検証作業に当たっては、従前の整理に従い、
労災認定基準と自賠責保険の等級認定の考え方との間の対応関係を明確にし、
仮に「高次脳機能障害整理表」を用いた等級評価と自賠責保険での等級評価が
異なる場合は、その根拠を明確にし、労災との相違点を整理しておく。」
としている(平成19年報告書)。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ