症状固定とは

まずそもそも「症状固定」とは後遺障害による損害額の算定や休業損害と
後遺症逸失利益との区別等の基礎等となるものであり、「後遺障害」を
確定する目安である。

この点「後遺障害」とは、自賠責において「傷害が治ったとき身体に
存する障害をいう」とされており(自動車損害賠償保障法施行令2条1項本文)、
自賠責が準拠することとしている労災においては、「(障害補償の
対象となる後遺症とは、)負傷又は疾病(以下「傷病」という。)が
なおったときに残存する当該傷病と相当因果関係を有し、かつ、
将来においても回復が困難と見込まれる精神的又は身体的なき損状態
(以下「障害」という。)であって、その存在が医学的に認められ、
労働能力のそう失を伴うもの」としたうえで、「「なおったとき」とは、
傷病に対して行われる医学上一般に承認された治療方法(以下「療養」
という。)をもってしても、その効果が期待し得ない状態(療養の終了)で、
かつ、残存する症状が、自然的経過によって到達すると認められる最終の
状態(症状の固定)に達したときをい」い、「したがって障害程度の評価は、
原則として療養効果が期待し得ない状態となり、症状が固定した
ときにこれを行うこととなる。

ただし、療養効果が期待し得ない状態であっても、症状の固定に
至るまでにかなりの期間を要すると見込まれるものもあるので、
この場合は医学上妥当と認められる期間をもって、障害程度を評価する
こととし、症状の固定の見込みが6ヶ月以内の期間において
認められないものにあっては、療養の終了時において、将来固定すると
認められる症状によって等級を認定することとする」とされている。

よって「症状固定」とは、上記のとおり「傷病に対して行われる
医学上一般に承認された治療方法をもってしても、その効果が
期待し得ない状態で、かつ、残存する症状が、自然的経過によって
到達すると認められる最終の状態に達したとき」をいう。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ