高次脳機能障害の症状固定時期の認定における問題点

そもそも高次脳機能障害の主な原因であるびまん性軸索損傷の
有無からしてその認定が容易ではないのであり、画像から判断しうる
症状の拡大や、固定したとの認定も容易なものではなく、
他方でリハビリによる回復可能性、その限界の判断という問題も
存在するため、どの時点をもって「症状固定」とすべきかは困難な
問題である。

当然この時期についての適切な認定を誤れば、被害者に生じた後遺障害に
応じた適切な保障とはいえなくなる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ