意識障害は認められるが画像所見がない場合

意識障害があったという事実は一応客観的な所見であり、びまん性軸索損傷に
該当するほどの意識障害があったのであれば、高次脳機能障害と
考えてよいと思われる。

また、損傷を受けた軸索の数が少ないため、慢性期に至っても外見上の
所見では確認できないが、高次脳機能障害をもたらすびまん性軸索損傷が
発生することも認められている(後記裁判例および前記国立障害者
リハビリテーションセンターの高次脳機能障害診断基準参照)。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ