認定の困難性

脳外傷による高次脳機能障害は、頭部外傷後に意識を回復し、
画像上も明確な脳の形態的異常所見が見出せないにもかかわらず
その障害が生じているものであるから、同障害であると認定するに
あたっては、実際に脳を解剖する事以外には、その症状や関連する
諸事情等から臨床的に推認するしかない。

よって、その判断資料となる高次脳機能障害としての諸症状や、
高次脳機能障害を負うに至った事情(脳外傷を負った事情等)によって
適切に選別、判断できるような体制が必要となる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ