標準高次視知覚検査(Visual Perception Test for Agnosia)

高次脳機能障害学会が開発した高次視知覚機能障害を包括的に
捉える検査方法である。

検査は、視知覚の基本機能、物体・画像認知、相貌失認、色彩失認、
シンボル認知、視空間の認知と操作、地誌的見当識の7大項目から構成され、
115枚の図版及び評価用紙を用いて行われる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ