内田・クレペリンテスト

ドイツの精神学者クレペリンが精神作業を研究するために考案したものを
日本の臨床心理学者内田勇三郎が発展させた人格検査である。

検査は、1桁の数字が沢山の行にわたって書かれており、その隣通しの数字を
加算し、解答を数字の間に書き入れていくというものである。

15分作業したら、5分休憩し、再び15分作業する。

1分ごとの作業量と誤謬率を調べ、その時間曲線を書く。

正常の緊張による影響や休憩の効果等から作業能力と疲労性を測定して、
被検者の仕事ぶりや意思の持続力等の特性を見るものである。

正常成人にみられる作業の時間経過を基準として、5段階に分類し、
疑問型は精神作業の異常性、異常型は人格障害や精神病的状態によると推定する。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ