聴覚性検出検査(AMM;Audio-Motor-Method)

ト、ド、ポ、コ、ゴの5種類の似ている音を、1音/秒の速度で5分間聞かせる。

例えば「ト」の音を基準とすると、「ト」の音のときに合図するようにする。

各音はランダムに配列されていて、基準の音は1分間で10回現れ、
合計して50回出現する。

正答率で評価するテストである。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ