ウェクスラー児童用知能検査 (WISC-R;Wechsler Intelligence Scale for Children-Revised)

6歳から16歳対象の知能検査であり、一般的には知能偏差値として
知られている。

知能偏差値は集団内での知能の差異を表すのに有用である。

個人の得点と集団の平均点が一致すれば知能偏差値は100となり、
平均が100、標準偏差が15であり、WAIS-R同様に普通の人の
100人中68人が85点から115点の間にある。

この他、5~16歳までの児童・生徒を対象とした知能検査には、
WISC-Ⅲがある。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ