急性期

びまん性軸索損傷は、減速又は加速の加速運動が頭部に生じたときに生じる。

脳組織は、部位により硬さが異なり一様に歪むわけではないので、
組織の歪みの差による断裂が発生する。

脳梁、上下脳脚、大脳白質などで、軸索や血管に一時性のびまん性損傷が生じる。

低血流下や呼吸不全による酸素濃度の低下などから広範囲の脳損傷が
生じることもある。

重度の場合は、著明な脳浮腫をきたし、受傷後の数日間に脳全体の浮腫が
生じ散る場合、脳室が小さくなる。

びまん性軸索損傷は、局在性脳損傷と同時に起こることもあるが、
局在性脳損傷がないびまん性軸索損傷のみの場合、外傷直後のCT及び
MRI画像では一見すると正常に見られることもある。

しかし、精度の高いMRIで観察すると、脳内(皮質下白質、脳梁、
大脳基底核部、脳幹、小脳)点状出血が見られることがあり、
びまん性軸索損傷と判断できる。

この点状出血は、吸収されていくこともあれば、融合して遅発性の
脳内血腫として増大することもある。

また、脳室内出血や大脳鎌及び脳溝に沿うくも膜下出血を伴うことがある。
これらの出現部位は、頭部打撲部位と関連する。

前述の局在性損傷と同様、びまん性軸索損傷の場合も、CTよりも
MRIの方が細かい病変を描出し、数日経つとFLAIR画像で高信号として
外傷性くも膜下血腫、脳内小出血、白質及び脳梁損傷などが見られる。

また、脳浮腫は、T2で高信号として描出され、出血は数日経過すると
T1で高信号として明瞭に描出される。

脳実質外の所見として、受傷数日後に、硬膜下又はくも膜下に液が
貯留することがあり、1割程度が慢性硬膜下血腫に発展する。

通常は自然に減少し、全般性の脳室拡大と脳挫傷部位の局所的脳室拡大が
見られる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ