SPECT(Single Photon Emission Computed Tomography)

放射性同位元素を含む薬剤を体内に注入し、その分布から臓器における
局所的な血流を計測する手法である。

X線CT及びMRIが脳及び病変の形態を捉えるために用いられるのに対して、
SPECTは、脳における局所的な血流量を評価するために用いられる。

特に、脳血管障害で実際の病変よりも広範な機能低下が存在する場合や、
認知症を呈する変性疾患における血流低下の分布のパターンを把握する際に
有用な方法である。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ