障害把握の手法

脳外傷による高次脳機能障害の特有の症状等を踏まえて、各症状の有無と
その程度を診療医に照会するため「診療医による具体的な所見」を用いており、
また、同様の観点から、家族・介護者に照会するため「日常生活状況報告表」を
使用している。

これにより、適正な後遺障害等級認定に必要な情報を木目細やかに
収集する仕組みとしている。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ