社会生活適応能力の低下

上記①の症状が後遺した場合、社会生活への適応能力が様々に
低下することが問題である。

これを社会行動障害と呼ぶこともある。軽症で、忘れっぽい程度の
障害であれば日常生活への影響は少ない。

しかし、重症では就労や就学が困難になったり、介護を要する場合もある。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ