ジャパンコーマスケール(JCS、3-3-9度方式)

JCSは、以下の基準により意識レベルを測定するものである。

意識障害をきたしていると思われる症例に対し、「Ⅰ.刺激しなくても
覚醒している状態」、「Ⅱ.刺激をすれば開眼するが刺激をやめると
眠り込む状態」、「Ⅲ.刺激をしても覚醒しない状態」の3段階に分け、
次いで、Ⅰの群で「1、2、3」、Ⅱの群で「10、20、30」、
Ⅲの群で「100、200、300」と細かく分けられる。意識が
はっきりしている状態は「0」とされる。

Ⅲ.刺激をしても覚醒しない状態
300.痛み刺激に反応しない
200.痛み刺激に反応して、手足を動かしたり、顔をしかめたりする。
100.痛み刺激に対して、払いのける運動をする。

Ⅱ.刺激がすれば開眼するが刺激をやめると眠り込む状態
30.呼びかけを繰り返すとかろうじて開眼する。
20.簡単な命令に応じる。
10.合目的な運動をするし、言葉も出るが、間違いが多い。

Ⅰ.刺激がなくても覚醒している状態
3.自分の名前、生年月日が言えない。
2.見当識障害がある。
1.清明とはいえない。
0.清明




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ