神経膠細胞(グリア細胞)

神経細胞が運動の指令を出したり末梢からの知覚を認識したりして脳の働きの
主要な役割を果たしている一方で、神経細胞の仕組みや働きを支えているのが
神経膠細胞すなわちグリア細胞とよばれるものである。

グリア細胞は、神経細胞の約10倍の数が存在するといわれ、灰白質(大脳皮質や
大脳基底核など)の中で神経細胞の間を埋め固めており、神経細胞を構造的に
支えている。

のみならず、グリア細胞のうち、星細胞は、神経細胞と血管との間に介在し、
神経細胞と血管の栄養・代謝産物のやりとりを仲介している。

これにより神経細胞は直接に血管に接することはないので、グリア細胞は、
有害物質が血管から神経細胞に直接入るのを防止する関門としての役割を
果たしている。

この関門構造は、脳組織に独特のもので血液脳関門とよばれる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ