シナプス

神経軸索の末端は神経終末とよばれ、ここから他のニューロンに情報が
伝えられる。この、ニューロン同士の接合部の構造をシナプスという。

シナプス部では、相手のニューロンとの間に僅かな間隙(シナプス間隙)が
あり、このシナプス間隙では神経伝達物質が情報を相手のニューロンに
伝える役割を果たしている。

これは、神経伝達物質が神経細胞で作られ、神経軸索内を輸送されて
神経終末部にあるシナプス小胞の中に蓄えられ、シナプス小胞に神経細胞から
電気的刺激が伝えられることで神経伝達物質がシナプス間隙に
放出される仕組みである。

シナプスを形成する次のニューロンには、この放出された神経伝達物質を
受け容れる特殊な部位(シナプス後レセプター)があり、ここから
神経伝達物質が次のニューロンに入り込んで電気的刺激を与える。

代表的な神経伝達物質としては、アセチルコリン、ドーパミン、
ノルアドレナリン、セロトニン、γ-アミノ酪酸などが挙げられる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ