ニューロン

前述のとおり、大脳を割断すると、表層には灰白色をした大脳皮質があり、
その深部には白色の大脳髄質(白質)がある。大脳皮質の暑さは約2.5mm、
表面積は約2000c㎡で、その中に約140億個の神経細胞が含まれている。

脳内の灰白質部分(大脳皮質、大脳基底核、小脳皮質等)は、どこでも神経細胞と
神経膠細胞(神経細胞を構造的・機能的に支える細胞)の集合体であり、
一方、大脳や小脳の大部分を構成する白質は、神経細胞から出た神経軸索と
これを取り巻く髄(ずい)鞘(しょう)から成る。

そして、神経細胞は、構造的には、細胞体とそこからでる多数の突起から成り、
突起は、多数の樹状(じゅじょう)突起(とっき)と一本の長い神経軸索
(一般に神経線維という)に分けられる。この、神経細胞と突起を含めた
構造体をニューロンという。

樹状突起からは、スパインとよばれる1~2ミクロンの小さな突出が
多数認められ、スパインは他の神経細胞や神経軸索と接触する部位
(後述のシナプス)となり、ここでは他の神経細胞と情報の収集・発信を行う。

神経軸索は、神経細胞で作られた情報を他の神経細胞に伝える役割を
担っており、この中にはフィラメントとよばれる無数の線維が縦軸方向に
走っていて、この線維の中を電気信号や伝達物質が末梢方向(神経終末部)
に急速に輸送されている。

神経軸索には、髄鞘とよばれる鞘で取り囲まれた有髄線維とそうでない
無髄線維とがあり、有髄線維では、髄鞘と髄鞘の境目にある「ランビエの
絞輪」から次のランビエの絞輪まで電気信号が跳躍して伝えられる(跳躍伝道)
ために伝道速度が速いとされている。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ