中枢神経と末梢神経

神経を大別すると、中枢神経と末梢神経の2つに分けられる。

中枢神経系は、一般に大脳、小脳、脳幹、脊髄を指し、一方、末梢神経は、
中枢神経系に出入りする神経を指す。

中枢神経は、後述のとおり、ニューロン(神経の一単位)とそれを支える
神経(しんけい)膠(こう)細胞(さいぼう)で構成されていて、ニューロンと
ニューロンは互いに連絡し合い、神経細胞の活動は神経線維(軸索)を
通じて伝達される。

末梢神経は、外から受けた刺激を感知して中枢からの命令を実行する役割を
担っており、体性神経と自律神経の2つに区分される。

体性神経は、本人の意識する運動や知覚(痛覚や触覚)など、外からの刺激を
直接認識する神経で、それらを中枢へ届ける感覚神経と中枢から指令を
受ける運動神経がある。

自律神経は、体内環境の変化に対して恒常性を保つ役割の神経系で、
交感神経と副交感神経があり、無意識に各内臓器官に働くようになっている。
自律神経は、いつも交感神経と副交感神経の両方がバランスを取り合って、
体内の安定を保っている。

そして、末梢神経のうち、大脳や脳幹に出入りするものを脳神経といい、
脊髄に出入りする末梢神経を脊髄神経という。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ