脳幹

脳幹には、中脳、橋、延髄が含まれる。

脳幹部は、両側大脳半球に挟まれるような形で、間脳から連続して
中脳に移行し、橋、延髄に至り、脊髄に連なっている。

このような脳幹の重要な位置づけとしては、脳神経の神経線維の中継所である
脳神経核や、全ての求心性神経線維と遠心性神経線維が集合している点が
挙げられ、脳幹は、体性神経による反射運動や、自律神経による内臓器官、
呼吸、血圧、体温の調節、覚醒など、生命を保ち続けるためには非常に
大切な部位である。

そして、脳幹中央部には、脳幹網様体(神経核と神経軸索とが入り混じって
網状になった組織)が、間脳の尾側から中脳、橋、そして上部頸髄にまで
広がっていて、この部位に遠心性・求心性に出入りする神経路が
認められており、これらが果たす仕組みと働きを総合して、
網(もう)様体(ようたい)賦活(ふかつ)系(けい)とよばれる。

網様体賦活系には、上行性網様体賦活系と下行性網様体賦活系とがある。

上行性網様体賦活系は、知覚情報が大脳皮質知覚領野で
認められやすくするために、脳幹網様体で特殊な指令を視床経由で
大脳皮質や大脳辺縁系に送り出される働きであり、大脳での知覚情報の
認識力を向上させるとともに、意識の保持という大切な機能を有する。

したがって、仮に、脳幹網様体が、脳幹出血などで障害を受けると、
患者は覚醒できなくなり、意識障害が生じる。

下行性網様体賦活系は、錐体外路系に属し、姿勢の保持や平衡機能維持の
ための筋緊張の調整に必要な役割を果たしており、筋肉の緊張を
高めたり緩めたりする働きをしている。

中脳の障害で、除脳硬直の姿勢(両上肢は肘で伸展、前腕回内、
手関節軽度屈曲、両下肢は各関節で伸展、足関節は底屈を示す体幹が
反り返った姿勢)がみられることがあるが、これは、下行性網様体賦活系が
遮断されて異常な筋緊張の亢進が生じたものである。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ