大脳基底核

大脳基底核は、大脳半球の中央部(白質内)にある灰白質の核群の総称で、
尾状核(びじょうかく)、被核(ひかく)、淡(たん)蒼球(そうきゅう)の核郡から
構成され、これらは錐体外路としての働きに関係する。

尾状核と被核は合わせて線条体といい、被核と淡蒼球はレンズのような形を
していることから合わせてレンズ核とよばれる。

そして、大脳基底核は、全体として、錐体外路系の働きで総括され、
錐体外路の一中継点としての機能を果たし、姿勢の保持や筋肉の緊張の調節、
大まかな運動の調節など、運動機能との関係が深いことで知られる。

錐体外路は、大脳皮質から出た運動の指令が抹消方向に伝わって筋肉を
動かす時に、大脳基底核や視床、小脳、あるいは視覚・聴覚などの
感覚器からの情報を取り入れて目的の運動が円滑に、誤り無く
実行されるように働きかける。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ