海馬、海馬回(海馬傍回)

海馬回は、側頭葉の内側下面にある脳回であり、外側からは確認できないが、
側頭葉を後ろ3分の1で冠状断すると、タツノオトシゴのような形をした
灰白質領域が認められる。

この部位が海馬(かいば)とよばれ、後述の大脳辺縁系の一部として、
最近の記憶(記銘力)に関係した働きを有する。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ