大脳の内部構造

大脳を、冠状面で割断すると、表面近くに、脳回や脳溝に沿って
灰白色の層(灰(かい)白質(はくしつ))が存在し、それより内側の
白色の層(白質(はくしつ))と明らかに区別される。

脳表に近い灰白質の層は、大脳皮質といい、多数の神経細胞が
密集している。割断面の中心部にも灰白質が見られ、これが視床と
大脳(だいのう)基底核(きていかく)という部位であり、ここにも多数の
神経細胞が集まっている。

白質は、皮質の神経細胞から出た無数の神経線維と、グリア細胞という
支持組織で構成されている。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ