外側面の構造

大脳を外から見ると、多数の皺と盛り上がりが見られ、
この皺を脳(のう)溝(こう)、盛り上がりを脳(のう)回(かい)と呼ぶ。

大脳は、正中部を縦走する大きな裂溝(大脳半球裂)で左右の脳半球に
分けられる。

前方下面から斜め上後方に走る脳溝はシルビウス裂と呼ばれ、
これにより前頭葉と側頭葉とに分けられる。

外側面の中央部に、上下方向、やや斜め前方に向かう脳溝が見られ、
これを中心溝と呼ぶ。

中心溝は、前頭葉と後頭葉を分ける目安になる。
中心溝の前方の脳回が中心前回、後方の脳回が中心後回であり、
それぞれ運動、知覚の中枢と考えられている。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ